どのサイトよりもわかりやすく解説!ふるさと納税って何?

 

(サト子)

ふるさと納税って名前はよく聞くけど、「税金」って思うだけでなんとなく難しそう…

聞いたことはあるけどふるさと納税って何なの?

「お得なことはしたいけど、難しいことはちょっと…」なんて思ってしまう人も、
ふるさと納税についてどこよりもわかりやすく、を意識して解説しました!

お得なだけではなく、立派な社会貢献にもなるふるさと納税について知っていただけたらと思います。

ふるさと納税とは何??

ふるさと納税の目的

ふるさと納税は小さなころからお世話になったふるさとに、自分の意思で納税できるように、導入された制度です。
ふるさと納税の目的と仕組み
進学や就職、結婚などのタイミングで生まれ育ったふるさとから去ってしまう人は多いですよね。
大人になってから納税が始まりますが、納税は国と「今、住んでいる地域」に行う事になります。

国民の多くの人たちが地元を離れて、都会に集中するので、過疎化が進む地域では税収も少なくなってしまいます。
ふるさと納税を行なう事で、地域の特産物などの返礼品を受け取ることで
地域の魅力の再発見する事もできます。

そのような目的で2008年に始まったのがふるさと納税です。

実際には生まれ育ったふるさとに限らず、
応援したい自治体を自由に選ぶことができます。

ふるさと納税の仕組み

「ふるさと納税」というのは「納税」と言う名前ですが、実際には自治体への「寄付」です。

ふるさと納税は毎年1月1日~12月31日の間に、寄付をして申請を行う事で、
寄付金額から2000円を超えた金額が、本来払っている税金から差し引かれる仕組みです。

税金から「差し引かれること」を控除と言います。

例えば、一年間で住民税と所得税を合わせて24万払っていたとします。
今年、ふるさと納税を2万円払って、お米をもらったとします。

申請を出すことで、2000円を超えた金額=1.8万円が控除されます。
1.8万円は来年の住民税から引かれるため、来年の手取りに上乗せされて返ってきます。

※これはワンストップ特例制度を使った場合で確定申告を使って申請を行なった場合は、所得税も還付されます。

人気の理由は「自己負担2000円」と「返礼品」

実はふるさと納税が始まる前から寄付金と言うのはできました。
震災や台風被害があった地域などに寄付金を行なったことがあるという人も多いのではないでしょうか?

その他の寄付金でも寄付金控除がされますが、ふるさと納税をした場合は上乗せで「寄付金特別控除」も適用されます。

一見少し難しそうですが、他の寄付金では自己負担は2000円にはならないけど、
ふるさと納税の場合のみそれが可能、と言う事です。

そして、返礼品が貰えるのも他の寄付金との違いです。

例えば、こんな返礼品があります。ふるさと納税と言えば、豪華特産物。

 

実はこんなものも返礼品としてもらう事ができちゃいます!

こういう返礼品も、自己負担はたったの2000円で貰えちゃうんです!

こんな豪華な商品がお得にもらえるのでふるさと納税をやる人が増えてるんです。

ふるさと納税の返礼品は通販ではない

ふるさと納税が始まった2008年には、手続きが面倒な部分が多くありましたが、今は様々な企業や通販サイトが参入したことにより、
とっても簡単に始められるようになっています。

あまりにも簡単でふるさと納税を通販のように感じる人もいますが、通販とは異なる点があります

返礼品と通販の異なる点

  • 寄付金額と返礼品の市場価格は比例する物ではない
  • 同じ返礼品が貰えてもサイトが違うだけで寄付金額が全く異なることがある
  • 申込みから届くまでも時間がかかることがある

上記のような点がある事を知らずに、「ふるさと納税で損をした!」「手元に届くまでにすごく待たされた」と感じてしまう人もいるようです。

Amazonや楽天などのネット通販を使う人たちが増え、それと近い感覚で始められるふるさと納税ですが、
返礼品はあくまでも「寄付をしたお礼として、自治体からの気持ちで貰えるもの」という認識でいましょう。

さらに、自分の意思で税金の使い方も選ぶことができる

ふるさと納税では地域と金額はもちろん、税金の使い方も選択肢の中から選ぶことができます。

ふるさと納税と言えば返礼品!という人も多くいらっしゃいますが、返礼品が付かないふるさと納税も多く存在します。

2008年から始まったふるさと納税ですが、2011年の東日本大震災をきっかけに寄付金数が22倍、金額は9.7倍へと増えました。
2016年の熊本地震の際でもふるさと納税での寄付が多く集まりました。

その他にも、ふるさと納税をペットの殺処分をなくすための資金として使っている地域も増えています。
広島県神石高原町では、広島県内の犬の殺処分をゼロにする中間目標を達成し、維持し続けています。

ふるさとチョイス ふるさと納税使いみちシリーズvol.1 ~ふるさと納税で犬や猫の命を守ろう~

普段だと、税金は払って当たり前、自分の税金がどのように使われているかを考えることもあまりないですが、
このように自分で払った税金の一部がどのように使われるかを考えることができるのもふるさと納税の魅力の一つです。

 ふるさと納税には控除される寄付金額の上限がある

では、一年間で住民税と所得税を合わせて24万払っている人が、自己負担2000円で24万円分ふるさと納税ができるのかというと、そうではありません。
もし、ふるさと納税が全額出来てしまうと、今住んでいる地域の税収が大幅に減ってしまいますよね。
そうならないように、上限が決められています。

上限額は収入と家族構成によって変わります。
更に、確定申告をして住宅ローン控除や医療費控除など他の控除を受けている場合は、上限額に変動があります。
一見難しそうですが、各サイトで簡単にシミュレーションができますので、一度試してみましょう。

さとふるの控除上限額シミュレーション

他の控除を想定しない場合の、
「年収別・家族別の上限寄付金額」と「その金額内で貰える返礼品の例」はこちらの記事に載せています。

ふるさと納税を始める簡単5ステップ

魅力は分かったけど、ふるさと納税ってやっぱり手続きとかが難しそう、と思っている方も安心してください。
2008年に始まってから現在に至るまでふるさと納税はどんどん手続きが簡単になっています。

詳しくはこちらの記事に書いています。

ふるさと納税のやり方・始め方 簡単5ステップ

主なステップは5つです

ステップ1.「自分の寄付できる上限額を調べる」
まずは、上にも書いているように、自分がどれだけ寄付することができるのかをシミュレーションで調べます。
さとふるの控除上限額シミュレーション

ステップ2.「寄付する自治体を選ぶ」

次にふるさとや応援したい地域、欲しい返礼品から寄付する自治体を選びます。

ふるさと納税ができるサイトは多くありますが、代表的なものは以下のサイトです。

 

ふるさとチョイス

さとふる

楽天ふるさと納税

また、女性におすすめしたいのは、ファッションに特化したこちらのサイトです。

(こちらは南相馬市のふるさと納税になります。)

noma-style

 

ステップ3.「寄付する」

上記のサイトから、寄付をするボタンを押せば、Amazonや楽天市場と言ったネット通販と同じような簡単な流れで、
自治体に寄付することができます。

ステップ4.「返礼品と書類を受け取る」

寄付をした後は、自治体から返礼品と書類が届くので、受け取ります。

ステップ5.「申請をする」

申請方法は確定申告、またはワンストップ特例制度のいずれかになります。

普段から確定申告をしていない人はワンストップ特例制度というのを利用して、簡単に申請できる事がほとんどです。

確定申告をするかワンストップ特例制度を利用するかは以下のページで解説しています。

ふるさと納税の申請方法「確定申告」と「ワンストップ特例制度」の比較、あなたに適した申請方法はこれ!

簡単にできちゃう!ふるさと納税の申請方法「ワンストップ特例制度」

確定申告ってどうしても面倒くさいイメージがありますよね。そんな人たちのためにできた嬉しい制度がワンストップ特例制度です。

ふるさと納税をした後に送られてくる書類を自治体に返送するだけで申請が完了するので、確定申告する手間が省けます。

ワンストップなら初めてでも簡単!

ただし、正しい使い方をしないと、申請ができておらず、控除がされなかった!なんて悲劇も起こってしまうので、正しい使い方をする必要があります。

ワンストップ特例制度の注意点は以下のページでご紹介しています。

ワンストップ特例制度で損をしない!利用する場合の注意点5点

初めての確定申告でも意外と簡単にできる!

また、ワンストップ特例制度を使わずに、確定申告をするといった場合も、今はネットサービスが充実しているので、意外と簡単に確定申告ができちゃいます!

ふるさと納税をした際の、確定申告の必要書類は4点!意外と簡単な申告方法

 

1番やさしいふるさと納税の解説まとめ

(サト子)
ふるさと納税、お得なだけじゃなくて、案外簡単にできる上に、地域貢献にもなる!
毎年あるから2000円の自己負担でどんな豪華なものをもらおうか考えるのが楽しい!

いかがでしょうか?

納税という言葉で難しそうだと思っていた人たちも、ふるさと納税を始めて楽しんで地域貢献をしてもらえるきっかけになれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です