ふるさと納税、控除の確認方法は6月に貰う書類を見るだけ!控除されていない場合の確認したい2つの項目

ふるさと納税、控除はちゃんとされてる?確認方法
(サト子)
去年ふるさと納税したけど、そういえば控除っていつされるんだろう?
確認方法が知りたい!

実質自己負担額がたったの2000円で豪華な商品がゲットできるふるさと納税、年末のCMで「やった方がお得そう!」と思って始めた方も多いのではないでしょうか。
ふるさと納税は一度払った寄付金額から2000円を差し引いた金額が税金から控除される制度なので、一度大きめの出費をして、そこから取り返すというイメージです。

この記事ではふるさと納税をしたときの控除の確認方法と控除金額が思ってたのと違う!となった場合に確認したい項目を説明しています。

ふるさと納税で控除される税金の種類は「所得税」と「住民税」

「所得税」は確定申告をする場合のみ、3~5月に口座振り込み

ワンストップ特例制度を利用した人は所得税の還付はありません。
ただ、確定申告で還付されるはずだった所得税分の金額は住民税に上乗せされて控除しますので、ご安心ください。

また、所得税の還付は住民税に比べて少ない金額になります。
「え?これだけ!?」となるかもしれませんが、しっかり住民税で返ってきます。

「住民税」は6月に貰う書類で分かる!

ふるさと納税で控除された住民税は毎年6月に会社で貰う

住民税の税額決定兼納税通知書」という書類で分かります。

住民税通知書

住民税の場合は還付ではなく、住民税から差し引いて控除される

所得税は口座に振り込みがありますが、住民税は本来払うべき金額から控除分が引かれる形で控除されます。

去年ふるさと納税をした場合だと、今年の6月から5月の間の住民税が安くなる事になります。

ですので、念の為6月に「住民税の税額決定兼納税通知書」を手に入れた後は、給料明細の住民税を確認して、いつもより安くなってるかを見てみるといいでしょう。

 

計算していたより控除が少なかった・控除されてなかった場合に確認したい3つのこと

計算して「返ってくる!」と思っていた金額より、控除金額が少なかったり、控除がされていないとショックですよね。

1.ワンストップ特例制度の条件はちゃんと満たしていましたか?

ふるさと納税で控除申請をする際に確定申告をしなくてもいい、便利なワンストップ特例制度ですが、
条件を満たさず申請してしまうと、申請が一切無効になってしまいます。

ワンストップを利用する時の注意点

  • 6団体以上に申請してしまうと無効になってしまう!
  • 複数団体にふるさと納税すると何度も申請しないといけない
  • 確定申告をするとワンストップ申請は取り消される!
  • 申請の期限1月10日に遅れると利用できない!

ワンストップ特例制度で損をしない!利用する場合の注意点5点

もし、上記に思い当たる節があるなら、せっかくふるさと納税をしたのに、控除申請の方法を間違っていて、控除ができていなかったということです。

念の為、税務署に電話して確認してみても良いでしょう。

2.去年の年収は合っていましたか?上限寄付金額を計算してみる

職業によっては、去年の収入が思っていたより少なかった…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

もし、年収が変わったことでふるさと納税の上限寄付金額が下がっているのにもかかわらず、元の年収での上限寄付金額で寄付してしまっていた場合、
自己負担金額が2000円を上回って、個人の負担として寄付を行なっていたことになります。

去年の源泉徴収票で、もう一度シミュレーションで計算してみましょう。

それでも原因が分からないなら税務署に問い合わせてみる

それでも、原因が不明な場合、一度税務署に問い合わせてみましょう。

まれに、税務署のミスで、控除金額が間違っていたという事もあるようです。

もし間違われていたのにも関わらず気づいていなかったらすごく勿体ないですよね…
しっかりと控除金額を確認するのがおすすめです。

ふるさと納税、ちゃんと控除されている?6月に貰う書類で確認!されていない場合の対処法まとめ

(サト子)

毎年6月に会社で貰える「住民税の税額決定兼納税通知書」で控除されているかチェック!

ちゃんと控除されていない場合は、ワンストップ特例制度の条件と去年の年収を確認して、わからない場合は税務署に問い合わせてみよう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です