年収200万OLでもお得になるふるさと納税の方法と嬉しいご褒美返礼品5選

(サト子)
ふるさと納税って年収200万の自分がやってもお得なのかなあ?

ふるさと納税は自治体に寄付した金額から2000円を超えた金額が住民税と所得税から控除されるから、実質2000円で返礼品がもらえるという制度です。
何もしなければ給料から引かれていくだけ税金が、ふるさと納税をするとたったプラス2000円で自分が欲しい豪華賞品と交換できることになります!

ふるさと納税しないと
・ただ給料から税金が引かれていくだけ(自動なので楽チン)
・納税する地域は自分の住んでいる場所に限られる

ふるさと納税すると
・何もしない時より2000円だけ多く払って申請を出せば
・自分の好きな地域に納税できる(地元や思い入れのあるところに恩返しができる)
・さらに豪華な賞品がもらえる!(実質2000円!)

そして、働いて所得税・住民税を払っている女性だと年収200万円でもお得になります!
ただ、ふるさと納税は年収に応じて控除される金額の上限が決まっているから、上限を超えて寄付をしてしまうと自腹になってしまいます。
そうならないためにも、年収200万円OLの為のお得なふるさと納税の方法を教えます!

年収200万OLなら15,000円のふるさと納税で税金13,000円が安くなる

年収200万であれば、控除が最大で受けられるふるさと納税額は約15,000円です!
15,000円の納税をすれば、所得税600円 住民税12,500円、合わせて13,100円軽減されます!

自分の好きな自治体を選んでそこに15,000円の寄付(ふるさと納税)をすると、自己負担額の2000円を超えた13000円分の税金が控除されて安くなり、さらに返礼品がもらえます!
ふるさと納税自体は金額の制限はありませんが、控除の枠が13000円以上にはなりません。納税額がこの15000円を超えると自己負担額が増えてしまいます。

1万5千内訳

5000円の寄付だと税金は3000円安くなり、自己負担は2000円。
15000円の寄付だと税金は13000円安くなり、自己負担は2000円。
20000円の寄付だと税金は13000円安くなるが、自己負担は7000円。

つまり、限度の枠である15000円をできるだけ多く使った時が一番お得になります。

実際にやる時は源泉徴収に書いてある「控除」と「正しい年収額」に注目

ただ、これは年収200万独身または共働きの場合の一例です。
この限度額は収入や扶養家族の人数によって変わります。
さらに、住宅ローン控除や医療費控除、生命保険料控除など別の控除を受けている場合は注意が必要です。本来所得税で還元されるべき金額分は受け取れず、自己負担が大きくなってしまう可能性があります。

例えば、生命保険に入ると生命保険料控除を受けることができますが、
同じ、年収200万円でも、生命保険料控除を70000円(満額)受ける場合だと、
控除が最大で受けられるふるさと納税額は約14,000円となり、生命保険料控除を受けない場合よりも1000円少なくなります。

またここでいう給与年収は寄付をする年の年収なので、12月に源泉徴収を受け取るまでは正確にはわかりません。
前年分の収入などを参考に計算しましょう。
前年から大きく年収が変わりそうな場合は12月までは控えめに(例えば、1万円分だけ先に)しておいて12月の源泉徴収が手に入った時点で残りの金額分を寄付する、というやり方をすればオーバーに払いすぎる事が防げます。

ふるさと納税1.5万円で貰えるご褒美返礼品おすすめ5点!

返礼品には食品からサービス、家電製品など多岐にわたります。
1.5万円以内でどんなグッズが手に入るのか、普段忙しいあなたのための少しラクにさせてくれる返礼品から、いつもはあまり買わないようなプチ贅沢商品まで、おすすめ5点を紹介します。

「ご褒美グルメ」【10,000円】[静岡県吉田町]国産うなぎ蒲焼 2尾セット

https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1005784

国内産のうなぎを丁寧に蒸し、焼き上げています。うなぎの本場、静岡県吉田町から「本物のうなぎの美味しさ」をお届けします。
うなぎに携わって半世紀以上、豊富な経験と技で国内産のうなぎを丁寧に焼き上げました。袋から出して軽く表面を炙ると、一層美味しく食べられます。

元々高騰していてなかなか自分で買う事は出来ないウナギ。
しかも、国産で質のいいものとなると、店で食べるのも3000円以上はかかってしまったりします。
それが、実質2000円で2尾と思うとかなりお得!真空パックなので日持ちするから、誰かと一緒に食べても、一人で二日に分けても大丈夫です。
コラーゲンやビタミンも豊富に含まれていて、疲労にも美容にもいいウナギは女性のご褒美グルメとしてぴったりです。

「可愛いヘアケアご褒美」【10,400円】ジェラート ピケMARCHEコンディショナー MARCHEシャンプー

https://noma-style.com/products/detail.php?product_id=1245

ヤシ油などの植物由来の洗浄成分を配合し、きめ細かな泡立ちで、ダメージを与えることなくしっかり洗い上げるノンシリコンシャンプー。数種類のオーガニック植物エキスが、髪の毛をしなやかにし、まとまりのある仕上がりに。

ルームウェアでお馴染みのジェラートピケが販売しているシャンプーとコンディショナーです!ノンシリコンやオーガニックエキスも嬉しいですが、置いておくだけでもかわいいボトル!さすがジェラートピケです。香りは強すぎず、リラックスできるセットです。

「たまには簡単ご飯でご褒美」【5,000円】こだわりおでん&土佐素材カレーセット

https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=28490

老舗かまぼこ店の地元にこだわったおすすめセット!
手軽に本格派おでん&カレーが楽しめます。
〇はちきん地鶏と万次郎かぼちゃ入りのレッドカレー
〇四万十ぶしゅかんグリーンカレー
〇室戸のこだわりおでん
をセットでお届けします。

全て常温長期保存可能で、電子レンジまたは湯煎にて食べれますので、お好きな時にお召し上がりください。

疲れて帰った日のごはんや、一人暮らしの自分の為のランチにも使えるレトルトのセット!
酢みかんの仲間であるぶしゅかんを使ったカレーはレトルトとは思えないようなクオリティと評判です。
普段は食べることのないご当地カレーとおでん、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

「疲れた日のご褒美アイス!」【10,000円】サーティワンアイスクリーム商品券8枚

https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=9428

「1カ月間(31日)、毎日違った美味しさを発見し、楽しんでいただきたい」サーティワンのネーミング、フレーバーの豊富さには、私たちの願いがこめられています。

全国のサーティワンアイスクリーム店舗で使用可能です。
※一部店舗・売店ではギフト券をご利用いただけません。

有効期限:なし

こちらはお馴染みのサーティーワンアイスクリームの商品券です。500円ギフトが8枚なので4000円相当が実質2000円でに入るという事で人気の返礼品です!
商品券なので、保存や期限を気にせずに持っておけるというのも嬉しいポイント!

「週末のご褒美晩酌」【10,000円】よなよなエール 350ml×1ケース

https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1030789

つややかな琥珀色、厳選されたアロマホップ「カスケード」が織りなす柑橘類を思わせる華やかでふくよかな香り、ほんのり甘さを感じるコクとやわらかな苦味。
「よなよなエール」を飲むひと時は、日々の喧騒を忘れるような至福のひと時となることでしょう。

普段から家でビールを飲みたいお酒好き女子にとっては嬉しい返礼品です。飲みやすくて、パッケージもかわいくて女性にも人気のビールですね。その他にもビールやお酒の返礼品はありますが、こちらは返礼率が高くふるさと納税で人気のランキングにも入っていることが多い商品です。

手続きは意外と簡単!ワンストップ特例制度

税金関係の手続きだと、わざわざ税務署に行かないといけないなど、面倒なイメージがありますよね。
でも、2015年に始まったワンストップ特例制度を利用すれば、


通販サイトで購入するのとほぼ同じ手順でふるさと納税サイトで寄付を申込み

送られてきた書類とマイナンバーと本人確認書類を送り返す

たったこれだけで手続きは完了!
実際には、ふるさと納税サイトで申込をする際にワンストップ特例制度を利用する、という項目にチェックを入れると

寄附金税額控除に係る申告特例申請書という書類が返礼品と一緒か、返礼品の前後で送られてくるので
①寄附金税額控除に係る申告特例申請書
②マイナンバーのコピー
③本人確認書類のコピー
を自治体送り返せば、手続きが完了になります。

ただし、ワンストップ申告制度を利用できるのは、元々確定申告の必要がないことが条件になっています。
・自営業者
・年収2000万以上
・副業で年20万以上の収入がある
・住宅ローン控除の手続きを行う
上記に該当する人は確定申告で控除申請を行う必要があります。

また、
・5団体を超える自治体に寄付する場合
もワンストップ特例制度を受けることはできません。

ただ、ふるさと納税で15000円を納税する場合、15000円を1つの自治体、または5000~10000円を2~3箇所の自治体に分けてすることになり、5か所以上に納税することはほぼないと思いますので、もともと確定申告の必要がない人にはワンストップ特例制度の利用がおすすめです。
また、ワンストップ特例制度では自治体ごとに書類を書いて提出、となるのでできるだけまとめて納税した方が手間も省けます。

年収200万OLでもお得になるふるさと納税の方法まとめ

(サト子)
年収200万OLであれば、ふるさと納税は1.5万円までで実質2000円で豪かな返礼品が貰える!
ワンストップ特例制度で控除を申し込めば手続きも楽ちん!

普段頑張っている自分のためにふるさと納税でご褒美をゲットしましょう!

ふるさとチョイスでは返礼品の種類が豊富で金額やジャンルを絞って返礼品を選ぶことができます。
気軽に始められるふるさと納税をはじめてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です